本覚寺 本覚寺

(青森県東津軽郡今別町)
Hongakuji / Imabetsu-Town, Aomori
見る
見る

「本覚寺」は、津軽半島でも長い歴史を持つ、江戸時代に創建された寺院。この寺の住職だった貞伝上人は、地元の産業振興に貢献し、名産品「今別昆布」の成り立ちに関わった人物と伝わっています。境内には、享保12(1727)年、貞伝上人が自身の墓として建立した「青銅塔婆」があり、その高さはおよそ3m。正面に凸字の「南無阿弥陀佛」、裏側には浮彫の地蔵尊、側面には通常より21文字多い『阿弥陀経』が刻まれた全国的にも珍しい青銅製の塔婆で、県の重要文化財に指定されています。

場所
青森県東津軽郡今別町大字今別字今別119
期間
通年
問い合わせ
本覚寺 ☎ 0174-35-2076
交通
JR津軽線津軽浜名駅から徒歩で約6分
URL
https://www.town.imabetsu.lg.jp/

こちらもオススメ